アイドルに縋るオタクの記録

去年は瀬戸内、今年は難波。ー 19/08/13 NMB48研究生「夢は逃げない」公演(昼)

 

 昨年の7月末、私は「STU48出張公演 in AKB48劇場」に当選した。とにかく劇場公演が観たかったので投げられる日はとにかく投げた。そして釣れたのがコレ。当時STU48はまったく心得ていなかったが、それも劇場公演の醍醐味だろうと臨んだら、ビンゴが2順で、センブロ最前で観ることができた。それ以降STU48にガチハマりし、広島は2度訪れた。

 あれから約1年。今回は“それ”がNMB48で起こったのである。NMB48劇場はビンゴによる入場抽選がなく、当選番号順に入場して行くのでだいたいどのへんに座れるか予測できてしまうのだが、見ると10番であり、これは最前確定なのである。翌日に大阪で高柳明音さんのトークショーがあり、大阪に行くことは決まっていたのでノリで投げたら最前確定番号で当選するのだもの、これは行くしかないだろう。

 演目は山本彩プロデュースの「夢は逃げない」公演。実は今年の4月に1回観ており、セトリは心得ていたし、この公演はかなり好きなので楽しみだった。前回観たときは誰一人メンバーを知らないうえに後方だったのでセトリに助けられた感があったが、ここ最近NMB48では山崎亜美瑠さんが気になっていて、出演メンバーにいたので都合が良かった。なぜ気になったのかは例によって覚えていない。これを太田彩夏パターンと呼ぶので覚えておくように。ちなみに明確な理由でもって推しメン認定の流れは菅原茉椰パターンと呼ぶのでこちらも併せて覚えておくように。

 入場すると、当然ながら最前中央が前の9人によって占められている。劇場の構造上、というか入口の位置的に上手側のほうが回りやすいので最前上手側に着席した。山崎亜美瑠さんのサイリウムカラーである「赤 × 赤」のサイリウムで挑んだ。さあするとどうだろう。overtureが流れ、その際に演者がステージに向かう足音が鮮明に聞こえるのだ。そして「僕以外の誰か」で公演が始まるわけだが、なんと目の前に亜美瑠さんがいらっしゃったのである。これは高まる。実に高まる。以降ずっと彼女を目で追っていたので視野の広い感想は特にない(爆)。3曲目の「オネストマン」ではさっそく指差しレスを頂戴したし、以降も要所要所でワタクシのもとにレスがきた。これほど自信をもってレスを認識できるのもやはり最前の所以であろう。「場当たりGO!」のときのレスなんてもうそれはそれはヤバかったのであるが、アーカイブで確認できなかったのでDMMを恨む。

 私自身レス厨の自覚はないが、やはりレスがくるとうれしいのは否定しない。ただ、今回致死量のレスを浴びたからこそ、サイリウムというのはあくまで推しを応援する道具であることを認識しておく必要があると思った。その色を点けることで、アナタのファンはちゃんといますよと、安心感をもってもらうためにあるのであって、レスをもらうための誇示ではないのである。そこんとこ重要であると改めて感じさせられた。

 とはいってもNMBのメンバーは客席の反応にセンシティブな感を受けるので(SKEにもこういう表現をしたことがあるがまた違ったもの)レスは待たずともやってくると思う。これが関西のノリなのだろうか。関東民の感覚だと「野次」に近いものが多く聞こえるが、イヤな感じはしないし、メンバーがそれに乗っかっておもしろくしていっている。なんだか心地良かった。この公演、MCパートが少ないのでNMBの正規公演だとそこらへんのおもしろさはもっと享受できると思った。

 最後のお見送りも亜美瑠さんからハンノウを頂き、さすがの観察力・記憶力だと感心すると同時にやはり心は難波に傾きかけており、ひとまず「母校へ帰れ!」の個握をポチるのであった。また、10月に大阪で行われる9周年ライブも視野に入れておこうと思ったのであった。

 

 

 

 2019年8月19日(月)、太田彩夏生誕祭公演に向かう新幹線車内にて本記事を執筆した。うむ、こりゃいかんでござるな。頭をSKEに切り替えるために公演のアーカイブでも観ようと思う。生誕祭のことは次の記事にて。あ、この記事、今日の18:30(開演時間)に投稿されるようにセットしておくか(笑)。

 

 

 

ついに。ー 19/08/08 AKB48研究生「パジャマドライブ」公演(昼)

 

 とうとうパジャドラを劇場で観た。「アイドル修業中♡」公演のときもそうだったが、私のチケセン君は本店の研究生に嫌われているらしいのだ。今回だって本当選でなくキャンセル待ちの繰上当選である。お目当てのメンバーがいるわけでもなく、これで優勝などしたらoverture中にでも帰ってやろうと思っていたくらいであり、座れなかったらユニットくらいまでは観ようだとか、座れたらさすがに全部観ようだとか、フザケタことを考えていた。

 しかしながら、この「無欲」さが大事なのである。いつも干されがちなビンゴは5順目を獲得。しかも末尾が0だったのでこの劇場だと先頭になる。最前こそ埋まっていたが2列目は両サイドが空いており、下手に着席。柱の影響はほぼないと言って良い。ただ、本番中はカメラマンが柱の前に構えているのでカメラマンの影響は若干あったかもしれない。でもその程度である。

 正規メンバーに昇格した岡田梨奈さんと小林蘭さんを中心に、さらには本日はチームBから北澤早紀さん、チーム4から村山彩希さんが出演しており、見所はたくさんある。個人的には小林蘭さんのパフォーマンスが好みであった。思えば筆者は込山チームK「RESET」公演で小林蘭さんが初日を迎えた公演に入っていた。あのときは立ち見2列目からだったので細かい表情まで観ることができなかった。ダンスがバキバキな印象はあったものの、チームKは言ってしまえばそういう人たちの集まりなので特段印象に残るわけでもなかったのだが、今回は座りの2列目ということもあり、また彼女は客席をかなり見ている子だとわかり、大いに遊んでくれた実体験をもとに改めて高評価である。

 全体を通して、公演を自分のものにしている子が多かったように感じた。自信というやつかもしれない。いやはやAKBの研究生公演、思ったより充実しているではないか。たぶん千秋楽はそう遠くないと見ている。SKEの青ガもきっとそうなのだけど、結構な回数を観ている人はだんだんと「月に2回も3回も観られるのラッキー!」から「こんなに充実しているのだから他の人に入ってほしい」に変わってきていると思う。ちなみに筆者は青ガも2回しか生では観ておりませんが。

 やはり、最近ではSKE48が主軸ではあるが、せっかく関東に住んでいるのだからたまには観ておこうかな、と思わされたのであった。

 

 

これが特殊会か!

 

8月9日(金)〜10日(土)でAKB大握手会行ってきました。記録として簡単に残しておきます。

 

8月9日(金)

第1部 池田楓【名刺お渡し会】(初)

計10枚もらいました(抽選はないし推し増しでもたぶんもらえる)。1枚1枚メッセージが違ったのでひと手間かかってるなあって。『ペット2』が観たいそうなので『1』を観てない私が観てこようと思います。

 

第2部 浅井裕華【1S動画会/2S写真会】(初)

かなり話しやすい感じ。KⅡ公演で観てから握手してみたいと思ったけれど、初めて行ったE公演での「ほっぺ、ツネル」の彼女は15歳を疑うほど大人っぽかったのですよ。一方で「ハングリーライオン」で魅せてくれる無邪気さ。最高ですよ。

 

第2部 末永桜花【1S動画会/2S写真会】

こちらは動画が当選。詳しくは下へ。

彼女もまた良いんですよ。今回は話題が話題なだけに(隠匿)印象にも残ったのではないかと勝手に思っています。「お話できて楽しかった」と向こうから言ってきたの、デカくないですか?

 

第4部 白井琴望【1Sゆかた写真会】

両手恋人繋ぎで無事死去。ユニット制覇している彼女ですが「リターンマッチ」が一番好きなのだそうです。この度のシャッフルにてリターンマッチ担当になられたので注目だと思います。

 

第4部 太田彩夏【1Sゆかた写真会】

久しぶりだね、からの他に気になってる子いるでしょ?の流れなんなん???てかなんで知ってるん??怖いな?????? でも怒った顔マジでかわいかった()。

9期もほどほどにねって言われましたけど私は基本的に7D2おじさんなのでそこは大丈夫なはず。

・・・とか言ってたらかえにゃんKⅡのアンダー決まったやんけ!

 

第5部 江籠裕奈【お中元カードサイン会】(初)

なんと、当たったとです。宛名を江籠さんが書いてるとです。見ると「さかもと」って書いてあるとです。私さかもとじゃないとです。スタッフが紙を間違えて渡したとです。指摘して、そのぶん時間増えたから結果的に良かったとです。でも江籠さんに「ごめんね」って言わせてしまったの申し訳なかったとです。スタッフ、おまえのせいだからな????

 

8月10日(土)

第5部 高柳明音【1S動画会】

当たったあああああああああああああ

久々の明音さんマジで最高だった。フラストレーションでも取ったし、あとはちゅりかめら展に行かねば。明音さんの16人姉妹生で観たいなあ。

 

第6部 太田彩夏【1S動画会/2S写真会】

2枚当選したので1つずつ。でもツイートしてないから貼れない。うるさい子ですけど(笑)、まとめ出しすると意外にも(失礼)ちゃんと話を聞いてくれるんですよ。記憶力良いし。SKE個握も3部制になって、選抜も見えてきたところなので、徐々に見つかってほしいなあ。

 

 

 

 

 

 

って感じです。タイトルでお察しのように、今回、全部正規使用してるんです。そしたらこんなに抽選って当たるもんなんだなぁって(笑)。

 

 

実は11日(日)は菅原茉椰さんの券があるんですけど、茉椰ちゃん以外に使うつもりはないので行かないです。たまに不安になるときはありますが、いつまでも待ち続けようと思いますよ。

 

 

追記(2019.08.11 19:05)

やったああああああああああああああああ

 

初の生誕祭を見守ることができました。 ー 19/07/12 SKE48「青春ガールズ」公演 池田楓生誕祭

f:id:mionnnnrm:20190806191402j:image

 

 ずいぶんと遅きに失した感はあるが、7月12日(金)に行われたSKE48「青春ガールズ」公演 池田楓生誕祭に参戦した記録を残しておこうと思う。

 彼女の誕生日は2000年7月5日。学年でいうと私のひとつ下。ということで7月5日以降最初の青ガを生誕読みで遠方枠から投げて、見事に遠方枠で当選。しかも遠方枠内2番目だった(ちなみに初めて遠方枠が当たったときは1番目だった←)。

 この日の主役、池田楓さん(かえにゃん)について少々述べておくと、そもそも私は9期に溺れるつもりはまったくなかったのである。しかし推しの休業もあってどこか視野を広く持っていたのだろう。いつのまにか「この子かわいいな、9期で推すならこの子かな」などと考え始め、軽い気持ちでSHOWROOMを観に行ったらそこは沼であった()。8月の本店特殊会と9月のSKE個握は取っているが、まだ握手はできていない現状である。

 ところで、本公演の1ヶ月ほど前に初めてSKE48劇場で「青春ガールズ」公演を観た。こちらも遠方枠当選だったので、かえにゃんが出演しないとわかったときは残念だったが、それでも初の青ガを楽しんで帰ることができたと思う。

 現在SKE48劇場で行われている「青春ガールズ」公演はチームという括りを外れていて、回によってまったく違う16名が選出されている。だからおもしろいのだと思うし、何度でも来ようと思う要素になっているのだとは思う。

 ただ、個人的にはそれで良いのか、という思いも一方ではあった。あいまいな表現ではあるが、個に注目が集まるぶんSKE48らしい一体感にどこか欠けていたように感じたのだ。もちろんそれは演者だけでなく客席側にもいえる。言ってしまえば、個としてのパフォーマンスを観る“だけ”なら新幹線を使うまでもなく秋葉原で観られるのだ(AKBディスりでは決してないですよ。近いという意味で)。

 いやはや、映画『アイドル』の影響で青ガが若手叩きのスケープゴートになっている感が否めないのが寂しいものだ。

 では本公演はどうだったかというと、いくら生誕祭といえど研究生だからどうなるかとこちらも不安だったうえにサイリウム企画も特になしときたもんだ。彼女自身も配信で不安の気持ちを吐露していた。しかしだ、4列目中央の座席から見渡す限り、頭4曲は見事なまでに赤と緑で埋め尽くされていたのだ。驚きとうれしさで泣きそうな、幸せそうなかえにゃんもしっかり見えた。それにコールが物凄いのだ。これまで入ったどの栄の公演よりも力強いコールであり、青ガおじさん方の真骨頂を見たような気がした。そうだな、先月は昼公演だったからな、物足りなさはそこにもあったかもしれない。

 スピーチにて自身の口から出た数々のエピソードもあまりアイドルが持つようなものではなく、これはひとつ武器になり得ると思う。スピーチの内容を下に添付するので、ぜひ「最終ベルが鳴る」を聴きながら読んでみてほしい。

 うむ。9期、良いな。「『今の』SKE48が好き」とかなんとか言っておきながらその「今」がなかなかアップデートされていない頭の固いサケカス諸君は早急に9期のチェックをするべきである。そうすれば最近始まった「手をつなぎながら」公演だって何倍も楽しめる。それに、あっという間に10期が来てしまうではないか。「こっちゃんのお姉さんがいるらしい」程度の知識ではやはりもったいないと言わざるを得ない。

 

せ~ので言おうぜ!

せ~ので言おうぜ!



好きになるのは、◯◯だけ!

 

f:id:mionnnnrm:20190406184000j:image

2019.04.06(土)

SKE48 24th「Stand by you」発売記念個別握手会

@メットライフドーム

 

 

急遽行くことにして券取りました。結論としてはまあできることならばあまり行きたくない現場でしたかね。遠いってのと虫が大量発生してて不愉快。人によっては花粉もつらいんじゃないかな。

 

早めに着いたのでオタ友の皆様と駄弁っていたら場内アナウンスが。

 

 

 

 

 

「ただ今、バドミントンコーナーに、杉山愛佳・太田彩夏の2人が来ています」

 

 

 

 

 

 

 

はい。行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナゴドの全握行ったときに1枚使い切れなかったのでここで消費してきました。

ああ楽しかった。すごーく楽しかった。あいあいにはほとんど打ってない()。

 

 

このあとB2部で彩夏さんの券があったのでさらにテンションが上がる。

 

さあ、出陣だ。

 

1回目...

彩夏「あ、バドミントンありがとね」

ぼく(覚えてるのか...っょぃ......)

彩夏「ねえねえ江籠さんの生誕祭いた?」

ぼく (゜∇゜ ;)エッ!?

ー略ー

 

なんなんだこの記憶力、観察力は.........

 

2回目...

ぼく「一昨日(4/4)劇場行ったときに手紙出してきたよ」

彩夏「ありがとう〜、名前書いてある?」

ぼく「え、本名?」

彩夏「本名じゃなくてもペンネームとか!」

ぼく「ああそれは書いてある」

彩夏「わかった、よくTwitterでリプとかくれる?」

ぼく「あんまりしないかなぁ」

オジカンデース

 

Twitterのリプライ割と見てるみたいですね...。

リプライ送るようにしてみようと思った次第←

 

3回目...

ぼく「Twitterのリプとかやっぱしたほうが良いんですかね?」

彩夏「どっちでも良いけどやっぱりきちんと認識したいからさ」

ぼく「(優しい......)なるほどねー、記憶力すごいもんね、僕だったらたぶんさっきバドミントンした人の顔なんて覚えてないや」

彩夏「いやいやそれはないでしょ、色々覚えてるよ。【検閲により削除されました】とか!【検閲により削除されました】だよね?」

ぼく「え、すごい、やば()」

 

え、なんなのこの子.........()。すち()。

 

 

 

 

【結論】

彩夏.....................

 

 

 

 

スクランブルならではの劇場公演を観た

 

f:id:mionnnnrm:20190405073423j:image

2019.04.04(木)

SKE48 チームKⅡ『最終ベルが鳴る』公演

江籠裕奈生誕祭

@SKE48劇場

 

出演メンバー

上村亜柚香・青木詩織荒井優希江籠裕奈大芝りんか・太田彩夏・大場美奈・片岡成美・北野瑠華・白井琴望(一部出演)・高木由麻奈竹内彩姫・中野愛理・松村香織・水野愛理・浅井裕華・倉島杏実

 

 

はい、というわけでですね、遠方枠当選です。KⅡはこの時期生誕ラッシュできっと生誕祭公演になるだろうなとは思ってましたので盛り上げに徹する構えで行きました。

 

待機列にて生誕委員の方から企画の説明があったのですが、この方がとてもおもしろくて開演前からすでに楽しかったですね。「ユニットはたぶんおしめしだと思うんだけどもし19人姉妹だったら皆さんでどうにかしてください」とか言ってて爆笑。企画はこんな感じでした。

 

f:id:mionnnnrm:20190405133601j:image

 

おしめしの「消灯」案はなるほどなあと。また江籠さんの推しサイ統一の指示がどこにもなかったのが意外でしたし、指示がなければ遠方勢なんて特に謀反者が多いだろうと心配でしたが終始江籠さんの推しサイで会場は包まれていたように思います。さすがでした。

 

まあ僕は江籠推しではありませんが、サイリウム企画以外ではほぼ江籠さんの推しサイを振ってました。他推しの方はそういう配慮は必要だと思いますし、まあ、あのような雰囲気で他推しサイを振る勇気は僕にはなかったですね...。

 

今回D列の13番に座らせていただきまして、あやめろのゼロズレを何度も観測できたのでとても幸せでした。1曲目の序盤でいきなり目の前にあやめろが来てなんか、もう、やばかった()。そもそも本日の公演は1推しである太田彩夏さんと1推しである浅井裕華たんが出演しているのでどうして良いのかわからない状況ではありましたが、終始江籠サイだったことと浅井裕華たんはユニットには出演していないということによって「初恋泥棒」のときに彩夏サイにしてレスをばちこりともらうという所業に成功しました(その前の「リターンマッチ」ではピンク×2を振っていたのは秘密)。

 

ユニットについても、おそらく他チームのメンバーはユニットには出ない方針なのでしょう。毎回KⅡの誰かが掛け持ちをしていて、それもまた楽しみのひとつだと思います。今回はこのような編成でした。

M05 リターンマッチ:中野・竹内・荒井・北野

M06 初恋泥棒:水野・太田・片岡

M07 ごめんね ジュエル:白井・荒井②・北野②・大芝

M08 おしべとめしべと夜の蝶々:江籠・高木

M09 19人姉妹の歌:松村・大場・青木

 

るかてぃんが2つユニットやるの初めてじゃないかしら。あと19人姉妹を初めてオリメンで観られた!

 

さて後半戦なんですけども、頭3曲で助っ人メンバーがとても光ってました。特に上村亜柚香さんと浅井裕華たん。心身ともに成長してきたといいましょうか、今春から高校生ということで張り切りがパフォーマンスにもあらわれていました。握手ポチりたい!

 

では生誕セレモニーのお話をしましょうか。詳しくはこちらをご参照くださいね。

 

 

良いお手紙でしたし良いスピーチでした。江籠さんのスピーチはもちろん良かったのですけど、それ以外の16名の皆様の真剣な表情に感動いたしました。立って聴いてるのなかなかつらそうなのにね。まあ今回の江籠さんは普通でしたがこれが須田さんレベルになるとかなりきついような...(笑)

 

そして最後の「支え」で松村香織さん、やっちまいましたね。アーカイブ確認したらカメラマンさんも困惑しているみたいでおもしろかった。愛理グッジョブ。素敵な公演でした。

 

退場時のお見送りってお目当てのメンバーに夢中で他の人と目を合わせた記憶が一切ないので今回はなるべく全員と目を合わせようと努めました。そしてやはりさきぽんは気づいてくれてたし、あやめろも声掛けてくれました。ちなみにこの2人隣同士でした()。全員と目を合わせたような気がするけど江籠ちゃんにはよそ行きの顔をされたような気もしたw

 

f:id:mionnnnrm:20190406004454p:image

 

【結論】

彩夏...

 

 

 

 

衛藤美彩さんの卒コンに行ってきた

 

f:id:mionnnnrm:20190320152713j:image

2019.03.19(火)

乃木坂46 衛藤美彩 卒業ソロコンサート

@両国国技館

 

 

––––あれ、まだ乃木坂にも身を置いていたのですか。

 

「いえ、3期生からまったくわかりません。しかし衛藤美彩さんを推している友人がいたのでこのコンサートの存在は知っていました。」

 

––––その方に誘われたということですか。

 

「それも違くて。僕が乃木坂から離れたのは約3年前なのですが、その際に乃木坂46Mobileを解約していなかったんですよね。それに気づいたタイミングと当該ソロコンの第1次申込期間がたまたま一致していたので僕が応募しました(その彼は名義を持っていない)。」

 

––––なるほど。すると座席も悪くなかったのでは?

 

「それはもう申し分ない席でした。第1次で当選したのでそこまで悪くないとは思っていましたが、アリーナ席のしかも前方で、モニターを見る必要もありませんでした。」

 

––––昨今の乃木坂の大箱では見切れ席やステージバック席も用意されています。

 

「そのようですね。かつてAKBで音席というのもありましたが、それの類ですよね。しかしソロコンサートですらそこまで埋めてしまうのは乃木坂46のブランド力だと思います。」

 

––––では当日のことについて伺おうと思います。印象に残ったセットリストはどこでしたか。

 

「そうですね、僕は後半の『今、話したい誰かがいる』が強く残っています。乃木坂46の楽曲としてのこれらももちろん良いのだけど、ピアノだけで披露した今回、ソロコンのしっとりとした雰囲気にマッチしていたのは新たな発見でした。『シンクロニシティ』もそれに当てはまると思います。」

 

––––バラードパートが印象的だったのですね。

 

「その直前は比較的アップテンポの曲があったと思うのですが初めて聴く曲もいくつかあって多くは語ることができないのが真実なんですよね...ユーミンの『中央フリーウェイ』みたいな感じの曲ありましたよね?あれ結構好きでした。」

 

––––えーっと、「意外BREAK」でしょうか。

 

「ああそんな曲だったかも。とにかくその曲で会場の雰囲気が変わったのを肌で覚えています。」

 

意外BREAK

意外BREAK

 

––––アンコールでは桜井さん、生田さんをはじめメンバーの皆さんも駆けつけてくれました。

 

「まあ誰か来るんだろうなとは思ってました。ユニット曲のメンバーということでアンコールはじめは桜井、生田の2名だけでしたが、あとからぞろぞろ入ってきたのには驚きましたね(笑)。おいおい、ソロコンサートじゃなかったのかよ、とは思わなくもないですが。」

 

––––そういえば、当時は誰を推されていたのですか。

 

秋元真夏さんと衛藤美彩さんの握手にはよく行ってました。生誕Tシャツも持っています。コンサート最後にこのお2人の絡みが見られたのは個人的にはデカかったですね。」

 

––––ズッキュンしていましたよね。では最後に総括的な感じで何かお願いします。

 

「そうですね、ライブ中の赤い景色、『乃木坂の詩』での紫の景色、『サヨナラの意味』では緑まで入れて。そもそもovertureから熱気に押しつぶされそうだったあの日の両国国技館に、乃木坂ヲタクならびにみさみさーくるの皆様方の本気を見たような気がします。栄オタの血が騒ぎました。」

 

 

––––ありがとうございました。

 

「ありがとうございました。」