虚心坦懐48

RIVER新規の48Gオタクが綴るオタ活に関する記録

AKB48 込山チームK「RESET」公演 ステフィ・モバイルを送る会【モニター鑑賞】

 

 友人が当選したということで私もついて行って、初めてモニターで公演を観た。オンデマンドと違ってカメラが切り替わることがないので観やすい一方で、それはつまり花道を使う演出は何も見えないということでもあるので一長一短といったところだ。仕事終わりのサラリーマンが多く、彼らのなかには振りを完コピしていたりすべての曲を口ずさんでいたりしているツワモノもいた。

 

 ところで、ロビーでの観覧希望者は7階の端に待機列があり、私もそこに並んでいた。スタッフが人数を数えていたのだが、このスタッフの顔に私は見覚えがあった。しかしどこで見たかはそこでは思い出せず、モヤモヤのまま8階のロビーへ向かった。

 

 まあ、そのモヤモヤなるものも前座でステフィとモバイルが出てきてからはどこかに消え去り、しっかりと「狼とプライド」を楽しんだ。SKEの曲なもんですから栄オタの血が騒ぐ。

 

 さて本編。私はこのチームのRESETを観るのはこれで3度目になるが、飽きというものは来る気配がない。私の場合、出演メンバーが回によって違ったので「◯◯のポジションに△△が入ってる!」「え!この前◯◯はこのポジションだったのに今回は違う!」という見方ができて非常に楽しい。また、今回休演の武藤十夢さんのポジションに武藤小麟さんが入っていたのもまた良いですね。明日はチームHがこの公演をAKB劇場でやるそうなので観に行っちゃおうかな。さっしーいるし。

 

 で、ね。「洗濯物たち」の途中で思い出したんですよ。なんでこのタイミングなのか自分でもよくわからんのですが急に閃いてしまったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきのスタッフ、STUのチャリコンの物販で待機列作りを仕切ってた(仕切ってない)無能スタッフだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 忘れていたモヤモヤがなぜか急に吹き飛んだ。思い出したついでに書いとくけど「列を整理したいので全員一回下がれ」ってマジで意味わからんかったわ。

 

 秋葉原ドン・キホーテ内のゲーセンの店員がアイドル現場のスタッフをやっていたという事実を掴んだのであった。クソどうでもいいね。

 

 正直これが書きたかっただけだし以降もふつうに楽しんだだけなので特にいうことはないのだがひとつだけ。ステフィとモバイルは前座で「狼とプライド」を、最後に「てもでもの涙」を披露した。さらに2人を含めたメンバー全員で「大声ダイヤモンド」と「恋するフォーチュンクッキー」を披露して送別会は幕を閉じた。

 

 個人的にユニットの2曲は先日のすがきゃんでまーやんと愛理がやっていた光景が思い出されましたね。すがきゃん補正もあったのかなかったのか、最後に2人が曲を披露するとなったときに直感的にてもでもかなあと思っていた。見事的中。STUのチャリコンではみちゅととろちゃんがやってたね。

 

 全員披露の2曲は恋チュンは入るだろうと思っていてもう1曲がわからなかった。狼とプライドは衣装の時点で察しはついていたので3/4は予測できたということになる。それを劇場から出てきた友人に伝えると、彼は大声ダイヤモンドだけ予想していたようで、まったく真逆でおもしろかった。

 

 

 

 

 

 

【総括】

ゆあみかわいい。